So-net無料ブログ作成
検索選択

青汁好きの健康&美容オタク

青汁の効果でダイエットする方法はもちろんのこと、健康や美容についても紹介しています。

 

痛風に良いと言われているモリンガの部位と摂取法? [健康]

痛風に良いと言われるモリンガは、部位別に様々な利用法があります。体質に合わせる形で様々な調理法を考案すれば、普段の栄養不足を解消することも可能です。栽培の過程では、可食部として種子、果実、葉などを時期に合わせて収穫することになりますが、食べられない部分はほとんどありません。

鮮やかな緑色が特徴の葉は、野菜としても利用すれば、痛風を癒やすための成分も十分に摂取できます。サラダの具材として使えば、他の素材の香りを引き立てるだけでなく、歯ごたえのアクセントも加えることができます。魚介類のスープとの相性が特に素晴らしいため、パセリの代用として使うこともおすすめです。和食で使う場合には、玉子焼きに混ぜれば有効成分の摂取量も増やせます。細かく刻んだものには胡麻やネギを混ぜれば、冷奴や鍋料理の薬味としても使えます。

モリンガの種子から抽出したオイルは、様々な料理で使うと効果的です。オイルはスープや炒め料理に加えるだけでも、素晴らしい栄養を加味させることができるのです。モリンガの葉を使ったジュースには、種子のオイルを混ぜることで、コクと栄養分を同時に増やせることになります。

モリンガの葉を乾燥させたものは、ハーブティーの一種として利用すると、痛風の問題にも対処しやすくなります。痛風予防のために肉や魚の量を減らせば栄養不足が心配ですが、モリンガのお茶を添えることによって、足りない分を補ってデトックスの作用も促進できることになります。