So-net無料ブログ作成
検索選択

青汁好きの健康&美容オタク

青汁の効果でダイエットする方法はもちろんのこと、健康や美容についても紹介しています。

 

カテゴリー:青汁の定番ブランド

青汁の定番ブランド ブログトップ

青汁で有名なファンケルの評判は? [青汁の定番ブランド]

青汁で有名なファンケルの青汁作りは、まず土地作りから「中嶋農法」という方法で土壌を管理、ここから、ケールの栽培が始まります。青汁に、ファンケルでは100%国内の契約農家で栽培されたケールが使われ、健康的で安全な商品作りが行われています。

ファンケルの契約農家では、年に一度、土壌の成分分析が行われ、その結果を元に、過剰な成分を抑え、足りない栄養素を肥料で補います。「中嶋農法」で作られた土を触ってみると、きめが細かく、ふかふかなんだとか。こうした、徹底した土壌管理の元で育った、滋養豊かでミネラル豊富なケールが、青汁に使われているのがファンケルです。

そんなケールの絞りたての青汁を、手軽に飲みやすい粉末個包装にしたのが、「ケールまるごと絞り・粉末」。畑のケールそのままの美味しさを味わいたい、生野菜派には、「スーパー青汁」がお薦め。搾りたての新鮮な青汁を急速冷凍し、ツイントース配合でミネラルの吸収力がアップしています。「青汁粉末」なら、クセの少ない、サラッとした飲み心地で、青汁初心者にも無理なく飲めて、続けやすい価格だと評判になっています。大豆の食物繊維とオリゴ糖を配合した青汁大豆ミックスなら、自然な甘みのまろやかな味で飲みやすいでしょう

土作りからこだわった、健康的な青汁の効果が得られることがファンケルのこだわり。一度試してみてはいかがでしょう。
images169.jpg



青汁のキューサイのこだわりは? [青汁の定番ブランド]

青汁で有名なキューサイでは、無農薬にこだわって育てたケールだけを使っています。国内にある自社ファームと、契約農家により、一切農薬や化学肥料を使わずに育て、周囲の畑から飛散してくる農薬にまで、厳しい検査を行っているそうです。

青汁のキューサイのポリシーは、「決してお客様の口に農薬を入れない」というものだそうです。厚生労働省登録検査機関であるキューサイ分析研究所で、畑のケールを採取して検査、製品の加工段階でも残留農薬検査を行う、多段階検査システムで万全な検査をしています。そうして出来あがるのが、安心の青汁、キューサイの青汁シリーズなんですね。ですから、ケールをまるごと絞るだけという、シンプルな青汁を製品化することができる訳です。

冷凍タイプの青汁には、ケールを絞ったものに、食物繊維をプラスした繊維青汁「ツージー」という毎日のスッキリを助ける商品もあります。また、粉末青汁に善玉菌をプラスした「善玉菌プラス」カテキンを入れて、サビつき防止に効果的な「カテキンプラス」など、粉末タイプの青汁にも、目的によって選べる数タイプがあります。

青汁のキューサイの本社は、福岡県にあり、「キューサイ」という社名は、旧商号の『九州自然野菜組合』を略したものだとか。信頼できる青汁を選びたいと思ったら、キューサイははずせませんね。

images33.jpg

青汁で有名なキューサイの評判は? [青汁の定番ブランド]

「青汁」といえばキューサイのあのCM、「まずい! もう一杯!」を思い出す人も多いのではないでしょうか。あの八名信夫さんのCMで、青汁の存在が、全国に知られた、と言っても過言ではないですね。それくらい強烈な印象がありますから、青汁は健康には良いけれど、まずい、というイメージが広がったような気がします。

青汁で有名なキューサイでは、国産ケールを主原料に、さまざまな青汁商品を展開しています。中でも人気なのが、「はちみつ青汁」。国産ケールをまるごと100%原料に使用し、山田養蜂場の国産はちみつをブレンドすることで、飲みやすく、滋養豊かな青汁になっています。ほんのりとした甘みと、すっきりのどごしで、子どもでも飲める味、と評判です。

ケールの青臭さが気にならない人には、冷凍タイプの青汁も人気です。ケールをまるごと絞るだけ、というシンプル製造方法で作られています。どうしても青汁が飲めない、という人や、外出先や旅行先でも手軽に青汁を飲みたい、という人には、粒タイプもあります。国産ケールをそのまま粒にした「粒青汁」です。

青汁のキューサイでは、豊富な品ぞろえで、誰でも手軽に、青汁が飲めるような工夫がされているんですね。もう「まずくない」キューサイの青汁を、試してみたいですね。

images123.jpg

美力青汁で便秘解消? [青汁の定番ブランド]

美力青汁は、大麦若葉を主原料としていますが、その大麦若葉には、農薬を一切使用せず育てています。また、定期的に土壌検査を実施して土の状態を維持、時間と手間を惜しまず、土づくりをしているそうです。生産者さんの熱意と努力が、美味しくて健康に良い、美力青汁を作り出しているのですね。

また、食物繊維やビタミンミネラルなどのさまざまな栄養素が含まれる大麦若葉ですが、その栄養が最も充実する、草丈30センチの頃に、タイミングを逃さず、収穫しているそうです。そんな絶好のタイミングで収穫した大麦若葉を、『減圧平衝発熱乾燥法』という、特許を取得した特別製法で加工しているため、美力青汁には、農家もびっくりの栄養がたっぷり含まれているのだとか。

なんと、カルシウムは牛乳の1.8倍、鉄はほうれん草の9.3倍、カリウムはキャベツの13.5倍、マグネシウムはピーマンの7倍、カロテンはにんじんの7倍、ナイアシンはサニーレタスの11.5倍、といった栄養素が生きているんだそうです。しかも食物繊維の中でも一番効果の高い「難消化性デキストリン」をプラスして、美力青汁で便秘を解消してしまいます。こんなすごいパワーをもっている美力青汁。さすがに高橋ミカさんのこだわりが細部に生きた自信作の青汁です。



有機青汁の効果は? [青汁の定番ブランド]

無農薬無添加をうたった青汁はたくさんありますが、本当に安全な製品はというと、やはり有機青汁になるのではないでしょうか。有機JAS認定を受けた原料を丁寧に収穫し、さらに厳しい品質基準に基づいて生産された有機青汁には、信頼がおけると思います。

これだけ様々な青汁が製造されている中、有機青汁は、まだそれほど多くない印象があり、商品も地味な感じを受けます。それだけ、生産に手間やコストがかかり、簡単に作れるものではない、ということなのかもしれませんね。無農薬栽培よりもさらに数段厳しい、有機栽培の認定基準を満たすには、時間も手間もコストもかかるでしょう。また、有機でありながら飲みやすい青汁、おいしい青汁、溶けやすい粉末、などの条件も満たすのには、大変な開発の苦労があるに違いありません。

そんな生産者の想いがつまった青汁、一度飲んだら、違いがわかるかもしれません。有機青汁には、冷凍タイプや粉末タイプの他、添加物を一切使わずに粒状にしたタイプもあり、どうしても青汁の青臭さが苦手、という人でも、青汁の効果を得ることができます。有機野菜だからこそできる、本物の無添加の青汁は、たくさんの滋養と栄養素を、私たちに届けてくれると思います。

images17.jpg

美力青汁の効果とは? [青汁の定番ブランド]

美力青汁は、ゴッドハンドの持ち主として、多くのファンを持つ、カリスマエステティシャンの高橋ミカさんが開発に携わった青汁です。自他ともに認める青汁マニアの高橋さんが、どんなに美容健康に良くても、美味しくないものは認められない、と2年もの歳月をかけて完成した、高橋さん渾身の青汁なんです。

商品会議で、商品名を考えていた時に、「この青汁を飲んで、本当にカラダの中からきれいに私もなれたと思う。まさに美のための青汁だよね。」と高橋さんが発言。そこから『美力青汁』という名前が生まれたそうです。完成までに、なんと120回もの試作を繰り返し、その中から最も青汁の効果が高く、最も美味しい物を厳選。「本当に満足のいく青汁が開発できました。本当に信じられるのはこれしかない」と、高橋さんが力を込める超自信作。美力青汁には、高橋ミカさんの青汁に対する、情熱と信念が込められているようですね。

美力青汁は、苦みが全くないので、水やお湯の他、牛乳や豆乳などに混ぜて朝食や昼食代わりに飲むと、ダイエットにも効果があるようです。ヨーグルトに混ぜても、クセがなく、美味しく食べられます。

美容と健康を維持するために、体の内側から整え、キレイなカラダを作っていくために、美力青汁は、女性ならぜひ試してみたい青汁です。

images1.jpg

おいしい有機青汁とは? [青汁の定番ブランド]

せっかく体のために青汁を飲むのだから、品質のしっかりとした、安全でおいしい青汁を飲みたい、と言う人は多いでしょう。有機青汁は、そんな方におすすめの、有機JAS認定の原材料でつくられた、より健康志向の高い青汁です。

青汁のパッケージを見ると、有機JASのマークが表示されているものがあります。普段から有機栽培の野菜や食品を取り入れている人にはお馴染みのマークですね。有機JASとは、厳しい生産基準をクリアして生産された、オーガニック食品の証です農薬や化学肥料を一切使わずに3年以上経過した農場で栽培された農産物で、登録認証機関が検査し、認定されたものだけが、有機JASマークをつけることができます。

有機青汁は、そんな厳しい条件の元で、生産者が愛情込めて育てた原料を使った、とても安全な青汁です。原料には、ケールや大麦若葉、明日葉、桑葉、モロヘイヤなどがありますが、いずれもしっかりとしたガイドラインに沿って生産されたオーガニック野菜です。

ですから、より本物志向の青汁を探している人には、これらの有機青汁は、まさにぴったりのものではないでしょうか。パッケージに、有機JASマークがついていたら、それは信頼できる青汁の証です。
images190.jpg


青汁の定番ブランド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。